文字サイズ大中小

砺波市交通安全協会の活動

2020年4月6日

交通事故から小学生守る

市内8か所の小学校周辺で街頭監視

春の全国交通安全運動が4月6日から始まったことから、市内8か所の小学校周辺で、朝の登校時に合わせて、交通安全協会会員、交通指導員、地域安全活動推進委員等のみなさんが、児童の道路横断中の交通事故防止のため、監視活動を実施しました。

2020年4月6日

春の全国交通安全運動出発式の開催

砺波警察署前で規模を縮小して開催

春の全国交通安全運動初日の4月6日砺波警察署前駐車場において、交通課及び地域課の警察官20名等により、交通安全 運動出発式を行いました。 その後、全員がパトカーに乗車し、市内の主要道路において、交通指導取締りや交通監視を行うため、出動しました。例年なら砺波市役所駐車場において、200名による市民集会を行うところですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、少し寂しい出発式になりました。

2020年4月2日

長年の労をねぎらい感謝状贈呈

交通安全に貢献された3名に砺波警察署長から感謝状の贈呈

4月2日砺波警察署において、10年以上の長期にわたり交通指導員交通指導員及び地域活動推進委員を務められ、3月に退任された3名の方に、砺波警察署長から感謝状を贈呈しました。これに合わせて、令和2年度の交通指導員及び地域活動推進委員に対する警察本部長からの委嘱状交付式を行いました。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ