スリーアップ
3up 運動で交通事故をなくそう!

1
マナーup
交通ルールをしっかり守って相手を思いやる
早め合図
思いやり
運転
ドライバーのマナー向上

ふんわり
アクセル
スロー
ドライブ
交通事故発生を防止


2
チェックup
車、自転車、人の動きをしっかり確認
確実な安全確認の徹底
交通事故発生を防止


3
ライトup
自らの存在をしっかりとアピール
早めの
ライト
アップ
ライト
交通事故発生を防止

夜間・徒歩・自転車の外出
反射材を活用し ライトアップ

アップライトは、先行車・対向車がある場合、歩行者、自転車を発見した場合は減光しましょう。



ハンドルキーパー運動

ハンドルキーパー運動とは

自動車で仲間と飲食店などへ行く場合に、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、仲間を自宅まで送り届ける運動です。



ドライバーの皆さまへ

飲酒運転を追放するために、ハンドルキーパー運動への積極的なご参加・ご協力をお願いします。



酒類を提供するお店の方へ

「ハンドルキーパー運動」の趣旨をご理解いただきご協力ください。

  1. お客様が、お車で来店されたかどうかご確認ください。
  2. その時に、どなたがお車を運転するのか(ハンドルキーパー)をご確認ください。
  3. ハンドルキーパーには、アルコールを提供しないでください。
  4. ハンドルキーパーには、目印となるものをお渡しするか、目印となるものを席に置いてください。
  5. お客さまが代行運転等を依頼して帰られる時は、その確認ができるまで車のキーをお預かりください。


自転車安全利用五則

1
自転車は、車道が原則、歩道は例外

歩道を通行できるのは・・・

  • 道路工事や連続した駐車車両のため車道の左端を通行できない
  • 自動車等の通行量が著しく多い
  • 道路の幅が狭く、自動車等と接触する危険がある
2
車道は左側を通行(右側通行は禁止)
3
歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4
安全ルールを守る
飲酒運転・二人乗り・並進・「ながら運転」の禁止
夜間はライトを点灯
交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
5
子どもはヘルメットを着用

令和4年度 交通安全スローガン
「ヘルメット かぶるだけでも 救える命」