文字サイズ大中小

富山南交通安全協会の活動

2020年5月26日

横断歩道は歩行者優先

チラシを配置し、運転者に広報する

JAFの調査結果によれば、富山県は信号機のない横断歩道における車の一時停止率が全国平均を大きく下回っていることから、ドライバーに横断歩道における歩行者優先の周知と保護する意識の醸成を目的として作成した広報用チラシを富山南警察署管内の市行政センター市民コーナーなどに配置し交通安全活動の推進を図った。

 

 

2020年4月10日

登校時の交通安全街頭指導

児童の登校時に歩行中の事故を防ぐ交通安全指導を行った

4月10日、富山南交通安全協会新保支部(植野 重則支部長)は、富山市立新保小学校の通学路の一部区間が用水路と並行している場所において、登校中の児童に歩行ルールと用水路の危険性を周知するなどの交通安全指導を行った。
過去に児童が用水に転落した経緯があることから実施したもの。

2020年4月9日

入園式の交通安全街頭指導

入園式に参加する親子を対象に交通安全指導を行う

4月9日、富山南交通安全協会新保支部(植野 重則支部長)は、富山市立新保なかよし認定こども園の入園式に出席する新園児親子に対して、同園周辺にて横断歩道の渡り方などを指導し交通安全意識の高揚を図った。

2020年4月7日

入学式の交通安全街頭指導

入学式に参加する新一年生の親子を対象に交通安全指導を行う

4月7日、富山南交通安全協会新保支部(植野 重則支部長)は、富山市立新保小学校入学式に出席する新一年生の親子に対して、歩車分離信号機設置交差点の横断歩道の渡り方などを指導し、交通安全意識の高揚を図った。

2020年4月6日

始業式朝の交通安全街頭指導

新学期に通学する児童を対象に交通安全指導を行う

4月6日、富山南交通安全協会新保支部(植野 重則支部長)は、富山市立新保小学校の始業式に登校する同小児童(新2年生から新6年生)に対して、歩車分離信号機設置交差点の横断歩道の渡り方などを指導し、交通安全意識の高揚を図った。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ