文字サイズ大中小

滑川市交通安全協会の活動

2020年7月20日

「車もコロナもトマってね」横断歩道思いやりキャンペーン

ドライバーへ、横断歩道前での一時停止義務を呼びかける

滑川市のイメージキャラクター「キラリン」の反射材がついたマスクと、滑川市特産「海洋深層水ミニトマト」等を配布し、ドライバーへ「横断歩道はトマって」「横断歩道は歩行者優先」「横断歩道手前における減速」等を呼びかけた。富山県警協力のもとキャンペーンには「横断歩道『おもいやり』作戦2020」のキャラクター「わたるくん」も参加した。

2020年4月8日

新入学生自転車教室

中学校新1年生を対象に自転車教室を実施

 

早月中学校で4月に入学した新1年生を対象に、道路での体験型自転車教室を実施しました。実際に中学校周辺の道路を自転車で走行し、危険個所の周知と交通ルールや正しい自転車の乗り方を学びました。同様の自転車教室は滑川中学校でも開催しました。

2020年4月3日

交通安全マスコットををいただきました

マスコットは交通安全キャンペーンで活用します

 

グループホーム「ほたるの里」職員が、ホーム入居者さんが手作りした交通安全マスコットを「交通安全に役立ててください」と滑川警察署長に手渡しました。交通安全の願いが込められたマスコットは、交通安全グッズとして今後のキャンペーンで活用させていただきます。

2020年3月25日

交通安全ポスターコンクールの開催

最優秀作品は交通安全広報で活用

 

滑川安全運転管理者部会に加盟する企業の職員やその家族から交通安全に関する作品を募集し、滑川署内において厳選なる審査を行い優秀作品を決定しました。一般の部とファミリーの部(中学生以下)の最優秀作品は、1年間市内各所で交通安全広報に活用します。また、応募作品は春の交通安全運動期間中市内の商業施設内で掲示しました。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ