文字サイズ大中小

南砺市交通安全協会の活動

2021年11月29日

「南砺市交通安全だより」の発行について

南砺市交通安全協会の広報誌第47号(令和3年冬号)を作成し、南砺市内の全世帯に配布する広報啓発を行いました。

Download (PDF, 1.08MB)

 

 

2021年10月20日

交通安全出前講座で腹話術

10月20日(水)午前10時30分から、南砺市山見地内、いなみ交流館「ラフォーレ」において、ほのぼのたじりサロン(代表金田淑子)から招請を受け、高齢者20名に交通安全出前講座を行いました。当講座では、南砺警察署女性警察官の腹話術により「よっちゃん」人形を操り「高齢者の交通事故防止」を聞いた後、南砺市交通安全協会職員から認知機能検査の体験説明及び交通安全DVDを視聴しました。

講座を受けた女性は、「認知機能検査の総合点49点以上あれば良いと聞いて安心したちゃ!」と言っていました。

2021年10月11日

体験型高齢者交通安全講習会の開催

南砺市交通安全協会(岩﨑修会長)は、南砺市老人クラブ連合会と連携し、市内の65歳以上の高齢者を対象に受講者を募り、受講者86名を5回に分けた体験型交通安全講習会を南砺自動車学校で行い、運転技能を再確認しました。

認知機能検査を体験した女性は「来年に免許更新時期が来るので事前に検査内容が分かってよかったわ~」と笑顔で話していました。

☆実施日☆

・6/18:井波地域 18名     ・6/25:福野地域 19名

・7/16:福光・城端地域 21名  ・8/ 6: 井口地域 14名

・10/8:平・上平・利賀地域 14名

※上記の写真は、10/8実施の講習状況

2021年10月4日

「利賀そばの郷」で目覚ましキャンペーン

9月22日(水)及び30日(木)の早朝7時から、交通安全協会利賀地域支部(支部長上田英夫)は、利賀中学校(30日のみ参加)、利賀婦人会、交通指導員及び利賀警察官駐在所員ら延べ38名らと連携して、南砺市利賀村地内の3箇所(栃の木広場前・そばの郷広場前・百瀬会館前)で通行ドライバーや歩行者に冷たい飲み物などを手渡し、交通安全を呼びかけました。

※配布物

・9月22日 冷たい飲み物、啓発チラシ

・9月30日 利賀中学生手づくりの「交通安全プラ板キーホルダー」、冷たい飲み物、啓発チラシ

※写真は、9月30日、利賀中学生参加によるキャンペーン活動

 

2021年9月29日

「カーブミラー」の点検・清掃活動

9月26日(日)、福野地域支部高瀬地区支部(柳瀬政夫支部長)役員ら6名は、高瀬西地内に設置されたカーブミラーの点検・清掃活動を行い、水垢でくすんだ鏡面を磨きピカピカにし交通事故防止に寄与しました。

この日は、福野地域支部東部地区支部(斉藤清志支部長)は、福野東部地内及び城端地域支部蓑谷地区支部(嶋文秋支部長)は、蓑谷地内において同様の活動を行いました。

※写真は福野地域支部高瀬地区支部の活動

2021年9月29日

「世界遺産ゆっくり」ドライバーにマスク

9月25日(土)11時から、交通安全協会上平地域支部(山本孝盛支部長)は、上平婦人会及び南砺警察署員ら13人と連携して南砺市西赤尾町地内、道の駅上平「ささら館」前の国道156号でドライバーにマスクや啓発チラシを配って「ゆっくり走ろう世界遺産」を呼び掛けました。男性は、「ゆっくりと観光をしていきます」とにっこりしていました。

2021年9月29日

交通安全旗波作戦

9月22日(水)午前7時から、JR城端駅前の国道304号歩道にて、当協会城端地域支部(三都井康弘支部長)、地域交通安全活動推進委員、安全運転管理者部会員及び南砺警察署員ら29人は、通行車両や歩行者に対してのぼり旗・横断幕を掲げて「シートベルト・チャイルドシート着用の徹底」を呼び掛けました。

9月24日(金)午前7時15分から、南砺市寺家新屋敷地内、福野ショッピングゾーン「ア・ミュー」前の市道歩道にて、当協会福野地域支部(石井恒雄支部長)、地域交通安全活動推進委員、安全運転管理者部会員及び南砺警察署員ら15人は、通行車両や歩行者に対してのぼり旗、横断幕を掲げて「飲酒運転根絶!!」を呼び掛けました。

2021年9月28日

交通安全「手作り布財布」配布キャンペーン

9月22日(水)、南砺市井波地内の「井波コミュニティプラザアスモ」で、交通安全協会井波地区支部(高田佳充支部長)は、安全運転管理者部会員、南砺署員ら17人と連携して「財布のヒモ緩めても交通安全意識は緩めるな」と銘打ち、井波地区支部役員の作製した、手作り布財布(小物入れ)や交通安全啓発チラシを買い物客に手渡し、交通安全を呼び掛けました。

アスモ店内で30日まで、井波にじいろ保育園の年長児43人が書いた交通安全標語を展示します。

 

2021年9月28日

カボチャ地蔵が「気ぃつけられぇ」

秋の全国交通安全運動が始まった9月21日(火)、南砺署前に交通安全を願う巨大なカボチャで作った「交通安全地蔵」3体がお目見えし「気ぃつけられぇ」と願いました。地蔵の設置は、毎年恒例で東太美壮年クラブ(鵜野美光会長)、交通安全協会東太美地区支部(内田正和支部長)ら9人が早朝から作業に汗を流し、南砺警察署の竹林良輔署長は作業を見守りました。

2021年9月28日

「ストップ横断歩道」呼びかけキャンペーン

9月21日(火)7時40分から、南砺市福光(栄町)地内、南砺福光高校附近の市道で、南砺市交通安全協会(岩﨑修会長)、同交通指導員、南砺福光高校生徒会及び南砺警察署員ら20名は、通行ドライバーに歩行者の安全確保を呼び掛けました。

高校生9人は「横断歩道は止まろう」の一文字を記載したカードを交通指導員は「横断歩道は歩行者優先」のぼり旗を手に持ちました。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ