文字サイズ大中小

南砺市交通安全協会の活動

2021年7月21日

「ストップ横断歩道」呼びかけキャンペーン

7月20日(火)7時40から、南砺市福光(栄町)地内、南砺福光高校附近の市道で南砺市交通安全協会(会長岩﨑修)、同交通指導員、南砺福光高校生徒会及び南砺警察署員ら24名は、通行する運転者に歩行者の安全確保を呼びかけました。

高校生10人は「横断歩道は止まろう」の一文字を記載したパネルを手に持ち、交通指導員は「横断歩道は歩行者優先」を配したのぼり旗を掲げました。

参加した生徒は、「普段も車は止まってくれるが、パネルとパトカー効果でスピードを落とす車が多い。早起きしたかいがあった」と話していました。

2021年7月16日

交通安全旗波作戦

7月16日(金)午前7時から、JR城端駅前の国道304号歩道にて、当協会城端地域支部(三都井康弘支部長)役員、地域交通安全活動推進委員、安全運転管理者部会員及び南砺警察署員ら15人は、通行車両や歩行者に対してのぼり旗・横断幕を掲げて「飲酒運転根絶!!」を呼びかけました。

 

2021年7月16日

交通安全旗波作戦

7月15日(木)午前7時15分から、南砺市坪野地内、井波幹部交番前の県道歩道にて、当協会井波地域支部(寺井正次支部長)役員、地域交通安全活動推進委員、安全運転管理者部会員及び南砺警察署員ら17人は、通行車両に対してのぼり旗、横断幕を掲げ又、「夏の交通安全県民運動」啓発チラシを手渡して「シートベルト・チャイルドシート着用の徹底」を呼びかけました。

2021年7月16日

交通安全旗波作戦

7月13日(火)午前7時15分から、南砺市寺家新屋敷地内、福野ショッピングゾーン「ア・ミュー」前の市道歩道にて、当協会福野地域支部(石井恒雄支部長)役員、地域交通安全活動推進委員、安全運転管理者部会員及び南砺警察署員ら18人は、通行車両や歩行者に対してのぼり旗、横断幕を掲げて「シートベルト・チャイルドシート着用の徹底」を呼びかけました。

2021年7月15日

シルバードライビングスクールの受講

シルバード

県交通安全協会主催の65歳以上の高齢者を対象にした体験型安全運転講習会「シルバードライビングスクール」が富山市高島地内の運転研修センター、運転免許センターで開催されました。南砺市交通安全協会から6月29日は、福光地域から10名及び7月13日は、城端地域から8名が受講しました。受講した城端地域の68代男性は「自己流の運転となっていた、もう少し慎重に運転し余裕を持つようにしたい」と話していました。

ライビングスクール(R3.7.13)

2021年7月12日

交通安全参加体験ふれあいキャンペーンの実施

南砺市交通安全協会は、7月11日(日)、夏の交通安全県民運動の初日、同運動を推進する南砺警察署及び南砺市と連携して、南砺市福光(西町)地内の楽蔵グリーンモール福光店敷地内に交通安全教育車「気ぃつけんまいカー号」などを配置して参加体験型交通安全ふれあいキャンペーンを実施しました。反射スコープを使って反射材効果体験した女性は「こんなに光るんですか?身に着けたら安心ですね」と言っていた。

※キャンペーン実施内容

2021年6月29日

「南砺市交通安全だより」の発行について

南砺市交通安全協会の広報誌第46号(令和3年夏号)を作成し、南砺市内に全戸配布し広報啓発を行いました。

Download (PDF, 1.3MB)

2021年6月17日

横断歩道「おもいやり作戦」2020キャンペーン

【啓発品】

6月1日(火)、南砺市遊部地内JA福光セルフSS及び6月15日(火)、南砺市荒木地内サンキュー福光フレッサ店にて、横断歩道における歩行者優先義務を周知する街頭キャンペーンを行いました。

これは、『横断歩道「おもいやり」作戦2020』の取り組みの更なる強化を図るため南砺警察署、南砺市交通安全協会及び南砺市役所が連携し、チラシ、除菌ウエットティッシュ及びマスクの啓発品を配布して呼び掛けました。

高齢者は「横断歩道の停止率全国ワースト4位ですね、気を付けます。」と交通安全を誓っていました。

 

2021年5月25日

歩行者・自転車の交通安全教室

5月25日(火)、南砺市利波河地内、富山県立となみ総合支援学校高等部の32名は、同校周辺道路を使い正しい歩行の仕方、自転車の安全な乗り方を学びました。    歩行者班、自転車班に分けて行った実地練習後、講師となった南砺警察署員、交通安全協会職員から「道路を横断する際は、しっかり左右安全確認をする」、「まっすぐ前を見て、ふらつかない運転をする」の講評に対し、生徒は「気を付けます」と交通安全を誓っていました。

 

 

 

2021年5月24日

中部管区表彰(優良安全運転管理者)受賞報告

5月24日、南砺市交通安全協会安全運転管理者部会(部会長中澤邦夫)は、平成元年7月から自動車の安全運転管理業務を積極的に行い交通安全の推進に多大の功績があったことで、中部管区警察局長及び中部交通安全協会協議会長連名の優良安全運転管理者表彰を受賞した株式会社丸泉(南砺市中ノ江地内)の安全運転管理者石崎功氏と、南砺警察署長を訪問し受賞を報告しました。石崎氏は「受賞できたのも社員のたゆまない安全運転のおかげ」と話していました。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ