文字サイズ大中小

黒部市交通安全協会の活動

2021年7月21日

夏の交通安全呼びかけキャンペーンの実施

令和3年7月20日、黒部警察署三日市交番前において、黒部市交通安全協会と同市安全運転管理者部会・黒部警察署・黒部地域交通安全活動推進委員協議会等は、夏の交通安全県民運動の活動重点日である「子どもと高齢者の交通事故ゼロの日」に、交通事故とコロナ感染をゼロの社会にするため「めざせゼロ 交通事故とコロナの感染」と銘打ち、通行車両のドライバーに未だはずすことのできないマスク(3枚1組)とチラシを配布して、交通安全を呼びかけました。また、配布したマスクには横断歩道一時停止「止まってくれてありがとう運動」推進中であることを添えてドライバーに協力を依頼しました。

 

 

2021年7月15日

横断歩道一時停止「止まってくれてありがとう運動」を推進

令和3年7月15日、黒部市立石田小学校2年生(22名)の児童が、「どきどきわくわくまちたいけん」の生活科学習で駐在所の仕事を知るため、黒部警察署石田駐在所を訪問しました。黒部市交通安全協会では、来訪した児童に交通安全協会の仕事や信号機のない横断歩道での車の停止率向上に向け、横断歩道では、手をあげて横断する意思や、停止した車の運転手にありがとうの感謝の気持ちも伝えることで、地域の交通安全の輪が広がることになる「横断歩道一時停止 止まってくれてありがとう運動」を推進していることを説明したところ、児童は「ありがとうの感謝の気持ち」と今日もらった「マスク」を大切にして交通事故に気をつけますと学習の感想を話していた。

      石田駐在所を訪れた児童

 

 

 

 

 

2021年7月15日

夏の交通安全呼びかけキャンペーンの実施

令和3年7月15日、黒部警察署三日市交番前において、黒部市交通安全協会と同市安全運転管理者部会・黒部警察署・黒部地域交通安全活動推進委員協議会等は、夏の交通安全県民運動の活動重点日である「シートベルト・チャイルドシート着用徹底の日」に、交通事故やコロナ禍から我が身を守るため「身を守る シートベルトとマスク」と銘打ち、通行車両のドライバーに未だはずすことのできないマスク(3枚1組)とチラシを配布して、交通安全を呼びかけました。また、配布したマスクには横断歩道一時停止「止まってくれてありがとう運動」を推進中であることを添えてドライバーに協力を依頼しました。

ドライバーに配布したマスク

2021年7月14日

高齢運転者に「止まってくれてありがとう運動」を呼びかけました

令和3年7月14日、黒部市交通安全協会と黒部警察署は、黒部市前沢公民館において同地区高齢者を対象に交通安全教室を開催しました。7月11日から「夏の交通安全県民運動」が実施されており、道路を歩く時は反射材を身に付けること、運転中は歩行者等の保護(横断歩道は歩行者優先)が安全運転意識の向上にあることを説明するとともに、富山県交通安全協会では「横断歩道一時停止 止まってくれてありがとう運動」を推進中で、運動への協力依頼をしました。

受講者への配布物

2021年7月13日

高校生に対する「自転車の鍵かけと安全利用」を呼びかけ

7月13日、富山県立桜井高等学校において、夏の交通安全県民運動中の活動重点日である「自転車の安全利用の日」に、黒部市交通安全協会・黒部市防犯協会・黒部警察署と同校生徒会生活向上委員が協力して、登校する生徒に自転車の「鍵かけ」と「交通ルール」のチラシ等を配布して防犯・交通安全意識の向上を図りました。

呼び掛けの状況

生徒への配布物

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年7月12日

広げよう「止まってくれてありがとう運動」

7月12日、黒部市交通安全協会と黒部警察署では、横断歩道一時停止「止まってくれてありがとう運動」を推進するため、市内田家(たいえ)保育所において、年長児・年中児を対象に交通安全教室を実施しました。園児に、「止まってくれてありがとう運動」は、みんなが安全に横断歩道を渡ることができるように、運転手さんが、止まって待ってくれたら、ありがとうの感謝の気持ちを伝える活動で、みんなの笑顔で地域の交通安全を広げようと、交通安全教室を終了しました。

    園児に配布したキャラクター入りマスク

 

2021年7月5日

「安管くろべ」7月号の発刊

Download (PDF, 467KB)

2021年7月3日

乳幼児保護者に対する交通安全教室の実施

7月3日午前10時30分から約1時間、黒部子育て支援センターにおいて黒部市交通安全協会と黒部警察署は、乳幼児保護者に対して、チャイルドシートや全席シートベルト着用の重要性について指導するとともに、保護者の車に取り付けられたチャイルドシートの点検と適切な使用方法をアドバイスしました。

     着用の重要性について指導

     チャイルドシートの点検

2021年6月11日

「横断歩道は歩行者優先」交通安全教室の開催

令和3年6月10日、黒部市交通安全協会と黒部警察署では、「横断歩行者対策の推進月間」の啓発活動として、黒部市立田家公民館において、同地区の熟年ドライバー13名が受講する交通安全教室を開催しました。この講習内容は、「横断歩道は歩行者優先」をテーマとしたもので、昨年、当協会安全運転管理者部会が桜井高校放送部に依頼して制作された企業向け交通安全動画(2本)を上映して、身近な横断歩道のルールを知って交通事故をブロックなどについて解説をして月間の推進を図りました。

 

 

 

 

2021年6月10日

「気ぃつけんまいカー号」で交通安全体験教室の実施

令和3年6月9日、黒部市交通安全協会と黒部警察署は、黒部市吉田地内の村椿公民館において、同地区高齢者を対象とした交通安全いきいき教室を開催しました。今回の教室は、警察本部の交通安全教育車「気ぃつけんまいカー号」を使用して、歩行や運転シミュレータの体験と「点検くん」による運転・歩行能力診断の体験型講習を行いました。「この体験を生かして交通事故に気をつけます。」と体験感想を語っていた。

交通安全教育車「気ぃつけんまいカー号」

 

「点検くん」の体験

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ