文字サイズ大中小

黒東交通安全協会の活動

2022年5月20日

自転車安全利用キャンペーン

5月は自転車安全利用推進月間であることから、5月20日(木)午前7時20分から、入善西中学校生徒玄関前等において、入善西中学校のサイクル安全リーダー7名と黒東交通安全協会5名、入善警察署員3名が、ティッシュやチラシを登校してきた中学生に配布し、「自転車も交通ルールを守ろう」と呼びかけ、自転車の安全運転を呼びかけました。

 

2022年5月20日

いきいき教室の開催

令和4年5月13日(金)午前10時から、小摺戸上部公民館において、小摺戸福寿会の30名を対象に、高齢者交通安全教室を開催しました。交通安全DVDを視聴した後、入善警察署正水交通係長の講和の後、入善警察署刑事生活安全課係員の特殊詐欺犯罪防止の講和がありました。

 

2022年5月20日

いきいき教室

令和4年5月12日(木)午前10時から、朝日町平柳公民館において、黒東交通安全協会泊3区支部が町内の老人会高齢者(20人)に対する「交通安全教室」を開催しました。交通安全DVDの視聴の後入善警察署交通課長の講和を実施しました。黒東交通安全協会職員が、夜間の交通事故防止のため参加者の靴に反射シールを張りました。

2022年5月20日

スタントマンによる自転車教室

5月16日(月)午後1時45分から、入善西中学校において東京のシャドウスタントプロダクションのスタントマンによる自転車事故を再現した交通安全教室が開催されました。入善西中学校全生徒が参加し自転車も交通ルールを守らないと、自分自身がけがをしたり、他人にけがをさせたりする危険な行為であることを再認識しました。

 

 

 

2022年5月11日

自転車交通安全教室

令和4年5月11日(水)午前10時15分から、朝日町立さみさと小学校において自転車交通安全教室が開催されました。3年生から6年生を対象に講習を実施した後、入善入善入善警察署員2名と黒東交通安全協会自転車安全利用推進名隊7名が、体育館内の自転車仮設コースを運転する3年生(45名)を指導しました。

 

2022年5月10日

交通安全教室の開催

5月10日(火)10時から、朝日町のひまわり保育園において、年長26名を対象に交通安全教室を開催しました。同教室には、入善警察署警察官3名とパトカー、警察本部警察官2名と移動交番車、黒東交通安全協会員3名が参加しました。交通安全の紙芝居の後に地域交通課長の道路横断の仕方の話をして、ひまわり保育園前の道路において、横断歩道を実際に手を挙げて横断する練習をしました。

  

2022年5月2日

小学校(上青小学校)の交通安全教室

令和4年4月28日午後1時30分から、入善警察署員3名とと黒東交通安全協会員10名が、上青小学校全校生徒(159名)の交通安全教室に参加しました。

1・2年生には学校周辺道路で横断歩道の渡り方、3~6年生にはグラント及び学校側道路ての自転車の乗り方を、それぞれ指導しました。

 

2022年5月2日

自転車教室(あさひ野小学校)の開催

令和4年4月27日(水)午前9時30分から、あさひ野小学校において自転車教室を開催しました。当日は雨のため全校生徒に対する講習のあと、5年生と6年生は教室でDVDの視聴をして、3年生と4年生(32名)が、体育館下のピロティーで実技講習を実施しました。

2022年5月2日

自転車教室(黒東小学校)の開催

令和4年4月26日(火)午前10時から、3年生から6年生(170名)に対するに対する自転車教室を開催しました。天候が良ければ学校グランドで実技を実施するはずでしたが、雨のため体育館で黒東交通安全協会自転車安全利用推進隊大林代表の講義の後、DVDを視聴し入善警察署川原地域交通課長が講義をしました。

 

2022年4月26日

交通死亡事故ゼロ450日達成の感謝状伝達式

4月25日(月)入善警察署において、入善警察署管内の交通死亡事故ゼロ450日達成に貢献したとして、黒東交通安全協会(深松隆会長)に富山県警察本部長感謝状の伝達式行われました。入善警察署管内では、昨年1月23日以降交通死亡事故が発生しておらず、4月19日に死亡事故ゼロ450日を達成しました。久保入善警察署長から感謝状伝達を受けた深松会長は「協会員は街頭活動に熱心に取り組んでいます、悲惨な交通事故無くすため今後も活動を継続したい。」と答えました。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ