文字サイズ大中小

黒東交通安全協会の活動

2021年12月3日

交通・防犯年末合同パトロール出発式

12月3日(金)午前10時から、入善警察署において、警察官及び交通・防犯各関係団体から約40名が参加し、「交通・防犯年末合同パトロール出発式」が開催され、黒東地区防犯協会と交通安全協会の会長と入善警察署長の激励挨拶の後、黒東地区セーフティクイーン2名が交通安全宣言を行い、参加者は年末の事故事件の防止に向けて決意を新たにしました。その後、パトカー等の車両が街頭パトロールに出発しました。

    

2021年10月28日

「チューリップで注意アップ」キャンペーン

県内では10月に死亡事故が6件発生し、死亡事故における高齢者の割合が高く、入善警察署管内でも10月に高齢者の重傷事故が発生していることから、10月26日(火)午前10時から、入善警察署前において、黒東交通安全協会や交通安全関係団体関係者約40名が通行車両のドライバーに、「たっしやけ気つけられェ運動」のチラシとともに、大林慎一様から寄贈していただいたチューリップの球根を一緒に配布し、高齢者事故防止 ❕ チューリップで注意アップと高齢者に注意して交通事故の防止を呼びかけました。

  

2021年9月30日

「交通事故無く新米け!」キャンペーン

 交通死亡事故ゼロを目指す日の9月30日入善警察署前において、黒東交通安全協会、入善警察署や各種交通安全関係者約30名は、14歳の挑戦で入善警察署に来ている入善中学校2年生の男女2名と一緒に、通行車両の運転者に対し、地元入善町で栽培されたコシヒカリの新米2合とチラシを配布し、「交通事故無く新米(しんまい)け!」と呼びかけるキャンペーンを実施しました。

 

2021年9月27日

自転車通学の中学生に対する街頭指導

 活動重点日(自転車安全利用の日)である9月27日、黒東交通安全協会役員や自転車安全利用推進隊、地域交通安全活動推進委員及び入善町交通安全対策協議会員が、入善中学校と入善西中学校前において各約10名が、自転車に乗って通学する生徒に対して、「自転車もしっかり交通ルールを守って乗ろう」と自転車の安全利用を呼びかけました。

 また、1年生全員に対して、自転車乗車時に特に注意すべき「自転車5ハット」を記載したポケットティッシュの配布を学校に依頼しました。

◆入善中学校           ◆入善西中学校

 

2021年9月24日

ジャンポールⅢ世の飲酒運転根絶キャンペーン

 9月24日午前10時から、入善町うるおい会館前において、入善町商工会女性部が、一日警察署長に委嘱されたジャンポールⅢ世と黒東交通安全協会や関係団体約30名とともに、手作りの匂袋を添えた秋の全国交通安全運動チラシを一般通行車両運転者に配布し、「飲酒運転の根絶」を呼びかけるキャンペーンを実施しました。

 

2021年9月22日

ヒスイ太郎(一日警察署長)の歩行者優先呼びかけキャンペーン

9月22日午前10時から、朝日町役場前において入善警察署長から朝日町のゆるキャラであるヒスイ太郎に一日警察署長の委嘱状が交付され、その後ヒスイ太郎と黒東交通安全協会やその他交通安全関係団体約30名が、朝日町役場横道路において通行車両の運転者等に対し、交通安全マスコットやティッシュとチラシを配布し「横断歩道での歩行者優先」を呼びかけるキャンペーンを実施しました。

 

2021年9月22日

交通安全たより9月号の全戸配布

交通安全たより9月号を町の広報紙の合わせて、全戸に配布しました。

Download (PDF, 1.47MB)

2021年9月21日

安全運転管理者部会の交通安全宣言

9月15日入善警察署において、本年7月に黒東地区交通安全管理者部会の会長に就任した竹林悟さん(朝日衛生社代表)が、入善警察署長に「交通ルールを守り安全運転を徹底する。」と宣言し、また新規加入事業者を代表して高松真一さん(高松葬祭代表)が黒東交通安全協会長に「従業員への事故防止指導を徹底し、地域に交通安全の輪を広げる。」と交通安全宣言を行った。

◆竹林会長の宣言        ◆高松代表の宣言

 

2021年7月21日

子どもと高齢者の交通事故ゼロの日キャンペーン

「子供と高齢者の交通事故ゼロの日」の活動重点日である7月20日午前10時から、交通指導員、地域交通安全活動推進委員、朝日町交通対策協議会、黒東交通安全協会の約20名が、朝日町のショッピングセンターアスカ前において、来店した買い物客等に、夏の交通安全県民運動のチラシと除菌ウェットティシュを配布して子供と高齢者の交通事故ゼロの日であり、子供と高齢者を交通事故から守ろうと呼びかけを実施しました。

 

2021年7月16日

「一息ついて安全運転」キャンペーンの実施

 7月15日(木)午前10時から入善警察署前において、セーフティークイーン2名と黒東交通安全協会・交通安全関系団体約40名が、暑さによりドライバーの集中力が低下し交通事故を起こしやすくなることから、ドライバーに冷たい飲み物で一息いれてもらい安全運転に努めてもらおうと、「一息ついて安全運転」と題して国道8号通行車両のドライバーに冷たいスポーツドリンクを配布するとともに、歩行者の保護と交通ルールの厳守・シートベルトチャイルドシート着用等について呼びかけました。

 

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ