文字サイズ大中小

黒東交通安全協会の活動

2021年7月21日

子どもと高齢者の交通事故ゼロの日キャンペーン

「子供と高齢者の交通事故ゼロの日」の活動重点日である7月20日午前10時から、交通指導員、地域交通安全活動推進委員、朝日町交通対策協議会、黒東交通安全協会の約20名が、朝日町のショッピングセンターアスカ前において、来店した買い物客等に、夏の交通安全県民運動のチラシと除菌ウェットティシュを配布して子供と高齢者の交通事故ゼロの日であり、子供と高齢者を交通事故から守ろうと呼びかけを実施しました。

 

 

2021年7月16日

「一息ついて安全運転」キャンペーンの実施

 7月15日(木)午前10時から入善警察署前において、セーフティークイーン2名と黒東交通安全協会・交通安全関系団体約40名が、暑さによりドライバーの集中力が低下し交通事故を起こしやすくなることから、ドライバーに冷たい飲み物で一息いれてもらい安全運転に努めてもらおうと、「一息ついて安全運転」と題して国道8号通行車両のドライバーに冷たいスポーツドリンクを配布するとともに、歩行者の保護と交通ルールの厳守・シートベルトチャイルドシート着用等について呼びかけました。

 

  

 

2021年7月14日

自転車街頭指導

 自転車安全利用の日の7月13日、午前7時15分から朝日中学校前において、朝日中学校サイクル安全リーダー20名と黒東交通安全協会自転車安全利用推進隊員等14名が、自転車安全五則が記載されたポケットティッシュを自転車通学の生徒に配布して、自転車の交通ルールとマナー厳守や交通事故防止を呼びかけました

2021年7月14日

国道一斉監視

7月12日午前7時15分から、黒東交通安全協会や交通指導員・地域交通安全活動推進委員等の交通安全関係者約40~50名が両役場前に集合し、役場前の国道8号を通行するドライバー等にのぼり旗や横断幕を掲げて、夏の交通安全運動実施中と交通ルールの厳守と安全運転を呼びかける一斉監視を行いました。

 

 

2021年6月2日

「横断歩道は歩行者優先!」の広報啓発活動

 富山県の信号機のない横断歩道における車の停止率が、2年連続全国ワースト4位(富山県10.7% 全国平均21.3%)であり、6月は富山県警の横断歩行者対策の推進月間であることから、当協会は入善警察署と地域交通安全活動推進委員や朝日町安全対策協議会と協力し、6月1日(交通安全県民の日)に朝日町道下地内のガソリンスタンドで、来店ドライバーに「横断歩道で横断歩行者がいたら止まってください」とチラシやポケットティッシュを配布するとともに、そばの国道8号の信号交差点で「横断歩道は歩行者優先!」のぼり旗 を掲出して、通行ドライバーに横断歩道での歩行者保護を訴えた。

 

 

2021年6月2日

小学校における交通安全教室(歩行・自転車)の支援

4月14日から5月14日までの間、飯野小学校、黒東小学校、上清小学校、入善小学校、桃李小学校、さみさと小学校で、実際の道路や学校敷地内での模擬交差点等を利用して横断歩道や信号交差点の渡り方等についての交通安全教室が開催され、入善警察署員と当協会支部長や自転車安全利用推進隊員が、安全確認の仕方や道路横断や通行方法について指導にあたった。

    

 

2021年4月15日

危険箇所合同パトロール

交通安全協会各支部から改善の要望があった交通危険箇所(朝日町3カ所、入善町8カ所)を当黒東交通安全協会から道路管理者(県土木や町建設課)、入善警察署、交通安全対策協議会に報告し、4月15日(木) 合同で現場を確認のうえ協議を実施しました。今後は各部署で対応策について継続して検討することとしました。

 

2021年4月14日

小学校1.2年を対象に交通安全教室を開催

4月14日(水)入善町立飯野小学校1・2年生児童46人を対象に、交通安全教室を開催しました。交通安全教室では、入善警察署地域交通課長の座学講習の後、校外で黒東交通安全協会飯野支部役員等が、道路横断、駐車車両を避けての歩行、踏切横断、模擬信号交差点における交差点の横断等について、児童一人一人に丁寧に指導しました。

 

2021年4月13日

「チューリップ・チューインガム」で注意アップキャンペーン

4月13日(火) 入善警察署前において、当協会及び交通安全団体関係者総勢40名が通行車両の運転者等に、注意して運転してほしいとの願いを込めて、チューリップ(注意アップ)とチューインガム(注意んガム)を手渡し「運転中は交通状況を常に注意して、交通事故を無くしましょう。」と呼びかけました。

 

2021年4月13日

自転車街頭指導

4月13日(火)朝日町道下交差点において、自転車安全利用推進隊を中心に朝日町交通安全対策協議会関係者約15名が、自転車を利用する学生等に対して、交通事故を起こさないように自転車の左側通行や交通ルールの順守を指導するとともに、自転車安全五則及び自転車保険加入の推進チラシを配布しました。

【各支部の活動一覧を見る】


ページの先頭へ